NEWS

えんぶ電子版4号、販売開始!

3/9発売のえんぶ4号、電子版も同時発売です!
内容は本誌と同じ(※)です。
電子版には巻末に「おまけ」がついています。

------------------------------------------
「おまけ」
------------------------------------------

“より抜き”「えんぶチャート」で、時代流れを読む?

今号は「えんぶチャート特集号」というわけで、過去3回のえんぶチャートをおまけにつけました。

・演劇ぶっく18号掲載の記念すべき第1回えんぶチャート。(1989年4月号)
・その10年後の演劇ぶっく78号
・今は完売の演劇ぶっく150号

今号の特集と合わせると28年間。
なんとなく時代の変遷をお楽しみいただけるかなと思っております。

▶ご購入はこちら
https://enbu-de.stores.jp/items/58bf6ef002ac645c8f000267

------------------------------------------
※補足
------------------------------------------
電子版では一部画像が非表示となっている箇所がございます。ご了承ください。
非表示部分の内容につきましては、下記アドレスよりご確認ください。
http://kangekiyoho.blog.jp/archives/52021136.html
(外部ページにジャンプします。)

えんぶ3号電子版、販売中!

えんぶチャート2016の投票権利付きで1/10発売!

(えんぶチャートの投票は終了しました。たくさんのご投票ありがとうございました!)

▶電子版限定、巻末に2つのふろく付き

1.【新春特別企画1993年版「今年は★◎☀♫だ!」】
2.【演劇ぶっく誌上にみる維新派「アーティスティックなアングラ魂」】

▶ご購入はこちら
https://enbu-de.stores.jp/items/58634cab9821cc706a00571b

「勤労感謝の日」記念セール

======================
11/23(水)・24(木)限定!
「勤労感謝の日」記念セール!
======================
ハロウィンとクリスマスに挟まれて存在感が年々希薄になっていく「勤労感謝の日」を慮り、11/23(祝水)・24(木)の2日間、全品半額セールを実施することにいたしました。
「 勤労を尊び、生産を祝い、国民がたがいに感謝しあう日」というかなり曖昧なコンセプトの祝日ではありますが、ぜひご参加ください!

【えんぶ no.2電子版】ふろく付きで発売!

【えんぶ 2号 電子版】ふろくは「蜷川幸雄とのランデブー~演劇ぶっく誌上にみる創刊号から3年間の蜜月~」過去の誌面を再録して32ページ!
2号の特集は「演劇をつくる/劇作家・演出家編」。ならば、この人は欠かせない!と演劇ぶっく182号(7/9発売)と直近の記事ではありますが、今回思い切って電子版の付録としてPDF化いたしました。もちろん単独でも“旬”の蜷川幸雄さんをたっぷりと感じていただけますが、本誌記事と合わせて読んでいただけますと、より「特集感」も含めておたのしみいただけるかと思っております。

「えんぶ」電子版が、おまけつきで創刊!

今号より「演劇ぶっく」を「えんぶ」と改題。コンパクトにリニューアルした「えんぶ1号」の電子版(PDF)ができあがりました!
【特集 “演劇をつくる 俳優編” 】に登場した俳優たちのページにある赤丸印をクリックしていただくと、演劇ぶっくバックナンバーよりピックアップした、よりすぐりの記事がご覧いただけます。
今号の記事と合わせてみていただくと、より複雑にお楽しみいただけるかと思っております。

【赤マルおまけ企画CONTENTS】
・2014えんぶチャート「俳優部門第1位」森田剛インタビュー
・135号(2008.9)Close-UpTAGE高橋一生インタビュー
・151号(2011.5)浦井健治ロングインタビュー
・TAKARAZUKA95th(2009.7)柚希礼音インタビュー
・扇田昭彦対談「現代演劇を動かす人々」(2003.9)佐藤B作
・TAKARAZUKA NEXT(2010.7)鳳稀かなめインタビュー
・65号(1997.1)橋本さとし表紙&インタビュー
・四獣公演『ワンダーガーデン』舞台紹介(2009.9)
・171号(2014.9)ヨーロッパ企画表紙&インタビュー
・子供鉅人前回公演『重力の光』(2016.1)
・good morning N°5公演『君、生きる意味を知りたがるなかれ!』(2010.1) 
・風煉ダンス前回公演『泥リア』(2015.11)
・田辺茂範の取材簿第32回(2014.7)「諏訪雅』インタビュー

また、公演広告ページの赤丸印をクリックしていただきますと、各公演の公式ページにリンク、詳細がご覧いただけます。

本誌と同じ、定価499円で販売中です。